慣らし走行|業者選びが肝心|タイヤ交換で失敗しないために

業者選びが肝心|タイヤ交換で失敗しないために

ウーマン

慣らし走行

木の車と電卓

タイヤを新品に交換してもらい、運転すると少し違和感を覚えたことはないでしょうか。それは決して勘違いではありません。新品のタイヤは、離型剤といってゴムを型から取りやすくするために使用する薬剤であり、その影響でつるつる滑りやすくなっているのです。また、急に新しいタイヤにすることで今までの運転とは若干違和感を感じてしまうのも影響し、はじめのうちは運転に違和感を感じることがほとんどです。そのため、新品のタイヤに交換したのなら、慣らし運転をきちんと行いましょう。
慣らし運転を行うメリットは、タイヤの摩擦で離型剤を除去することと、タイヤそのものが慣れて運転がしやすくなる事の他、タイヤそのものが車と馴染み、故障の耐久性が向上するということです。では、具体的にはどうやって慣らし運転を行えばよいのかというと安全運転で100キロほど走ればそれで大丈夫です。もちろん一日で走りきる必要はないので自分のペースで走り大体100キロほど走ったころには離型剤は剥がれ落ち、タイヤも車に馴染み始めています。それまではなるべく過酷な運転をしないように気をつけましょう。
もし、具体的な走行距離や慣らし運転の方法をもっと詳しく知りたいのであれば、交換時に業者に聞くことをおすすめします。業者によっては交換時に的確なアドバイスを貰えるのでそのアドバイスに従えば問題はありません。また、タイヤメーカーの中にも慣らし運転に関して言及しているサイトはあるのでネットで調べるというのも有効な手段です。